2018.06.11 Monday

洋画 ドント・ハングアップ

0


    ドント・ハングアップ 【DVD】


    モズリーとブレイディはイタズラ電話で人をダマし、その様子を実況しながらSNSに流して反応を楽しむ悪質な遊びにハマっている。
    2人はいつものように酔った勢いで知らない番号に電話し、ある男に繋がる。
    いつものようにダマそうとするが、全くこちらの意図に乗ってこず、面白くない2人はすぐに電話を切る。
    すると今度は家の電話が突然鳴り出す。その電話は先ほどの男からの折り返しだった。
    その男はなぜか2人の名前を知っていて、次第に男の異常性があらわになってくる。
    2人のいるリビングのTVが突然ONになり、映し出されたのは監禁されているブレイディの両親だった!
    さらに2人の友人も囚われの身となり、半殺しにされている。そしてモズリーの彼女にも何者かが襲い掛かる様子が映し出される。
    2人の大切な人たちを次々とターゲットに狙うその男の目的とは―?


    これは主人公達に同情できない作品でした。

    映画冒頭に主人公たちがユーチューブのようなサイトに載せた動画が事件の発端です。
    あんな事するから犯人に復讐されるのよ!
    自業自得!

    犯人には、もっと主人公達を苦しめて欲しかった。


    話は変わりますがドントとタイトルのついた作品がたくさんある事に驚いた。
    この前ツタヤで見て驚いたのがドント・イット!

    どんだけパクッてるねん!
    とりあえず準新作になったら見てみようかな(笑)

    他にも何本か映画見てるので内容忘れないうちに
    早く感想書かなきゃ!



    2018.06.11 Monday

    洋画 マッド・プロフェッサー 悪の境界線 

    0


      マッド・プロフェッサー 悪の境界線 【DVD】




      心理学の単位を落とした大学生ガラルダが、担当教授エスピノーサに交渉すると、教授は自分が運転する車が事故を起こし、妻の体が不自由になったことを後悔しており、保険金のために自分を殺すようガラルダに頼む。ガラルダは単位だけでなく借金取りにも困っており、報酬も手に入ると聞いて依頼を承諾する。そこでノガレスら3人の仲間に手伝ってもらい、バーで泥酔した教授を彼の部屋に連れて帰り、指定された薬を飲ませるが……。


      教授は本当に自殺する気があったの?
      ガラルダが教授を殺そうとしても教授は死にません。
      私が呆れたのは拳銃の中に弾が入ってなかったことです。

      死ぬ気ないやん。。

      死ぬ気がなくても妻の為に保険金がどうしても必要な教授。
      最後は意外なラストでした。
       
      ガラルダにも不満があります。
      なぜ仲間を巻き込む?
      単位とお金が必要なのはガラルダなのに、どうして仲間を巻き込んだのか?
      ガラルダの仲間たちも怒ってましたが結局、事件に巻き込まれちゃって仲間達が可哀想だった。

      でも最後は上手にまとまってました。
      意外なラストにも少し驚かされた。


      ショートさん、ありがとうございました!


      JUGEMテーマ:最近みた映画



      2018.05.05 Saturday

      洋画 バーニング・オーシャン

      0

        JUGEMテーマ:洋画





        バーニング・オーシャン【Blu-ray】 [ カート・ラッセル ]



        メキシコ湾沖80キロメートルにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、海底油田からの逆流によって上昇した天然ガスへの引火が原因で大爆発が発生。現場で働いていた作業員126人が施設内で足止めを食らう。事故により多数の行方不明者と負傷者を出す大惨事となり……。


        作業が遅れているからと点検作業を怠った為に大規模な火災が発生するディーブウォーター・ホライゾン。
        こういう時に犠牲になるのは本社のお偉方じゃなくて普通の作業員。
        ちゃんと点検をすれば、こんな事にはならなかったのにねー

        予告見た時はパニック映画かと思ったのですが爆発の過程を丁寧に描いている映画という感じです。


        2018.05.05 Saturday

        洋画 ドリーム

        0

          JUGEMテーマ:最近みた映画





          ドリーム(ブルーレイ&DVD/2枚組)【Blu-ray】 [ タラジ・P・ヘンソン ]

          1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。NASAのキャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)は、差別や偏見と闘いながら、宇宙飛行士ジョン・グレンの地球周回軌道飛行を成功させるため奔走する。

          友のおススメで見たのですが、とても良かったです。
          人種差別という重いテーマなのに重く感じさせない作品になっていました。

          しかし黒人専用のトイレに行くために走るキャサリンの姿やコーヒーのマグカップを別の場所に置かれたりと同僚の嫌がらせを受けるシーンは見ていて辛かった。でも嫌がらせや差別に負けない能力がキャサリンたちにはありました。差別や偏見に負けずに自分の能力を発揮し上司に認められるキャサリンの姿を見ると、とてもスカっとします。

          それにキャサリンの上司役を演じていたケビン・コスナーがとても良かった。
          人種に関係なく優秀な人の実力を素直に認めて彼女の道を開いた。
          もう一人キルステン・ダンストも嫌な上司役で登場したけど、そんな役がピッタリだったのよねー
          キルステン・ダンストも最初は嫌な女だったけど最後はドロシーの能力を認めていた。
          このシーンも良かったなー

          音楽も良かったしおススメです!!

          サントラ欲しい!

          2018.05.05 Saturday

          洋画 エージェント・ウルトラ

          0

            JUGEMテーマ:最近みた映画





            エージェント・ウルトラ [ ジェシー・アイゼンバーグ ]

            片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。


            予告見た時は面白そうだなーと思ったんだけど駄目でした。
            アクションシーンは迫力あったけど、それ以外はつまらなかった。

            しかし恋人の正体には驚きました。
            ふーん、そういう事だったのか!と。。

            でもそれぐらいかなー




            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>
            PR
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM