<< 琅琊榜(ろうやぼう)−麒麟の才子、風雲起こす  第30話まで | main | 本の感想  いつかの人質 芦沢央 >>
2016.12.05 Monday

本の感想 そこにいる人 矢口敦子

0

    JUGEMテーマ:最近読んだ本





    そこにいる人 [ 矢口敦子 ]

    初めての恋めいた体験に胸をときめかせる大学一年生の直子。だが、彼女には姉・幸恵の存在が重くのしかかっていた。幸恵は肝臓に欠陥があり、長く患っているのだ。ある時、直子の不注意から姉の病状は悪化し、肝臓移植の必要に迫られる。自分の肝臓を提供すべきなのか、悩む直子がついに決断をした時…。「命」を見つめる感動の物語。

    173ページしかないので、あっと言う間に読めます。
    しかし、お姉さんは何であんな選択をしたのか?
    驚きました。
    残された家族はどうやって立ち直るんだろう?
    重いテーマの割りに短いページ数だったので
    物足りなさを感じた。

    本のカテゴリ作ったけど次は、いつ読むのか。。

    琅琊榜にハマッてしまって他のドラマ見ても面白くない。。
    あーDVDBOX欲しい!!!
    欲しい!!!

    でも全部集めたら5万ぐらいかかるのよねー
    無理だ(涙)

    せめて再放送してくれBSジャパン!!!!!
    地上波でもオッケーよ!!
    NHKプリーズ!!!

    そしたらOST発売してくれるかもしれない♪
    中国ドラマのOSTって、どこで買えばいいのか分からない。
    色々検索したんだけど全然見つかりません。
    DVDBOX無理だから、せめてOSTぐらい欲しいよー

    ドラマ見ても面白くないし本読もうかな。。
    琅琊榜を忘れる為に!!!
    なんかポチッとしてしまいそうな自分が怖いんよ(涙)







    2018.06.14 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM